長野県眼科医会からのお知らせ

2016年 目の愛護デーについて

10月10日は「目の愛護デー」

◇会場期間:平成28年8月28日(日) 10時00分〜17時00分
◇場所:長野市 ホクト文化ホール1階 展示室
◇内容:目に関する心配事、目の疾病に関する無料相談

24時間テレビ「愛は地球を救う」参加事業「目の相談室」開催について

 長野県眼科医会では、「目の愛護デー」の一環として、テレビ信州(日本テレビ系列)で毎年放送している「24時間テレビ 愛は地球を救う」に協賛し、本年も昨年同様に「目の相談室」を開催いたします。
  私たちは情報の80%を目から取り入れていると言われています。高齢になればなるほど更にその割合は増していきます。逆に、加齢とともに白内障になる割合は増し、80歳になるとほとんどの方に白内障を認めます。白内障が進行すると、目から取り入れられる情報が遮断されることになり、脳への刺激が減弱してしまいます。
  また、食生活の変化とともに、糖尿病網膜症や加齢黄斑症といった病気が増えてきています。特に糖尿病網膜症は働き盛りの年齢の方に多くみられるため、定期的な眼科専門医による診察や、適切な治療が大変重要となります。
  子供では、テレビゲームやパソコン、携帯電話といった電子機器の使用が当たり前のように生活の一部となっており、近視の増加の一因となっております。
  しかし、忙しい現代では、多少の目の症状・違和感があっても、なかなか眼科を受診する機会がなかったり、自覚している症状が様子を見ていても良いのか、受診したほうが良いのか迷っている場合などあると思います。
  そのような方たちに対して、「目に関する心配事・相談事」になんでもお答えする、専門医による「目の相談室」を開催いたしますので、どのようなことでも構いません、目についてのご相談にお出かけください。

長野県眼科医会 会長  野中 隆久

24時間テレビ39「愛は地球を救う」「24時間テレビ 目の相談室」

 本年の24時間テレビは、8月27日(土)〜28日(日)に行われますが、長野県では、テレビ信州が例年通り、長野市若里公園にメイン会場を設置しチャリティー活動と番組放送を実施します。
 今年はホクト文化ホール1階展示室に、「目の相談室」を設けます。 是非一度足をお運びください。皆さまのご来場をお待ちしております。